【グルメ】(愛知)常滑市 やきもの散歩道内『うどん・甘味 侘助』

「侘助」アイキャッチ画像 趣味・おでかけ

当ページには広告のリンクが含まれています。

広告

小手毬
小手毬

こんにちは、小手毬です。

愛知県知多半島、常滑市の「やきもの散歩道」をご存知ですか?

とってもノスタルジックでフォトジェニックな素敵な焼き物の町なんですよ!

古い街並みばかりでなく、最近は古民家を利用したおしゃれなお店もできてきました。

名古屋から名鉄特急を使うと約40分。

車だと有料道路を使って、これまた約40分で行けるというアクセスの良さ。

今回の記事では、そんな常滑市、「やきもの散歩道」の中にある『うどん・甘味 侘助』さんをご紹介します。

🍀常滑市「やきもの散歩道」について詳しくは、こちら↓のリポートでご覧いただけます。

※ Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
お出掛けの際は、公式サイト等にて最新の情報をご確認ください。

スポンサーリンク

≫「常滑市」と「やきもの散歩道」

まず、『うどん・甘味 侘助』がある「常滑市」と「やきもの散歩道」についてご紹介します。

常滑市は、日本六古窯の一つに数えられる「常滑焼」の町で、旧市街にレンガ煙突が点在するなど古くから窯業で栄えた歴史ある街並みが、今も多く残っています。

現在では、伝統の作品だけでなく、新しい作品を作る作家や職人が住み、おしゃれなカフェやギャラリー、こだわりの雑貨の店も増え、人気の観光スポットになっているんですよ^^

名古屋から名鉄特急を利用して約40分、車でも知多半島経由で約40分とアクセスの良さも魅力です!

「やきもの散歩道」とは、そんな常滑焼の町を、常滑駅から徒歩で5~10分の陶磁器会館をスタート地点に、小高い丘を歩く散策コースとして整備されたものです。(AコースとBコースがあります)

そんな「やきもの散歩道」の中でも「暮布土屋(くらふとや)通り」と名付けられた通りの一角に、『うどん・甘味 侘助』はあります。

観光客の皆さんへお願い

・「やきもの散歩道」は生活道路です。住民の方もいらっしゃるので、大声での会話はご遠慮ください。

・個人の家をのぞいたり、敷地内に入らないでください。

・ごみは各自でお持ち帰りください。

・「やきもの散歩道」Aコース内の道は車両の通行はご遠慮ください。

≫「暮布土屋(くらふとや)通り」は素敵なお店が集まる通り

「やきもの散歩道」の中でも、倒焔式角窯(とうえんしきかくがま)跡をシンボルに、何軒かのお店が集まって並んで、昔の工房をお店に仕立てて、食事、パン、生活雑貨などが商われている、「暮布土屋通り」と呼ばれ通りがあります。

屋号の「暮布土」は、「クラフト」の音写で、「手仕事」のほど良さを大切にしたいという願いを込めて名付けられたそうです。

「暮布土屋通り」は、「やきもの散歩道」の散策の途中に立ち寄る観光客も多いですが、「暮布土屋通り」専用の駐車場(数に限りあり)もあるので、通りにあるお店が目当てで来る方も多いですね。

「暮布土屋通り」について、詳しくは、「暮布土屋通り Kurafutoya のご案内」のページ をご覧ください

車道側から「暮布土屋通り」を見たところ↓

「暮布土屋通り」
「暮布土屋通り」の「侘助」の壁面

車道側から入ったすぐの所に『侘助』はあります。

『侘助』のお向かいは、生活雑貨のお店『studio35 』です。

セレクトショップ「STUDIO 35」外観
セレクトショップ「STUDIO 35」のカゴ

「やきもの散歩道」の散策コース側から見た「暮布土屋通り」の入口は、↓こちら。

「暮布土屋通り」を遠くから見たところ
「暮布土屋通り」の入り口

今は使われていない倒焔式角窯のレンガの煙突が大きくそびえていますね!

入り口の柱には、シーサー(?)が鎮座しています。

通りにあるお店の案内版が設置されていますね。

「暮布土屋通り」の案内図

さて、「暮布土屋通り」に入ってみましょう!

≫『うどん・甘味 侘助』店内の様子(2023年6月17日(土)訪問リポート)

この日(6月17日)、私は、「やきもの散歩道駐車場」に車を停めて、『パン工房 風舎』と『うどん・甘味 侘助』を目指しました。

まず、『風舎』でお持ち帰り用にパンを購入。

その後に、『侘助』でお昼をいただきました。

『侘助』の玄関↓

「うどん・甘味 侘助」外観
「侘助」表札

古民家の佇まいも素敵ですが、木陰と石畳とイス・テーブルもいい感じです^^

表札の『侘助』の文字も常滑焼で作られているのでしょうか。

「侘助」玄関口のシーサー
「うどん・甘味 侘助」メニューの看板
小手毬
小手毬

ここにもいますね。シーサー(?)君♡

さあ、中に入りましょう!

この時点で、まだ12時前だったからか、すぐに席に通されました。

常滑焼のコップ
「うどん・甘味 侘助」の店内

お店の中はこんな感じで、とってもレトロで素敵です。

食器類は、常滑焼だそうですよ。

「侘助」メニュー表
「侘助」メニュー表
「侘助」メニュー表
「侘助」メニュー表

←メニュー表です。

一部のメニューに、『風舎』さんのパンが提供されています。

「土鍋カレーうどん」
おぼろ昆布と巾着のうどん

一緒に行った娘は、人気の「土鍋カレーうどん」を、私は、「おぼろ昆布と巾着のうどん」を注文。

土鍋カレーうどんは、そんなに辛くはないけどチーズの旨味でコクが出ていて、麺はツルツルモチモチでカレーによく絡んで、とっても美味しかったそうです◎

最初はカレーうどんをシンプルに、その後温泉卵を入れて、最後にご飯を入れて雑炊にしていただきます。

小手毬
小手毬

食べ方は、メニュー表に載ってました!

結構ボリュームがあったのに、ペロっと食べちゃってました。

おぼろ昆布と巾着のうどんは、こちらも麺がモチモチしていて喉ごし良くツルっと入っていってしまうので箸が止まりませんでした(笑)

少し甘めの薄味だけど出汁がきいていて、とても美味しかったです。

「侘助」甘味メニューの写真

かき氷などの甘味も美味しそうでしたよ。

隣の席の方のかき氷を見ると、とても大きかったです!(驚)

この日は、我慢。

別日にそれだけをいただきにまた来たいです。

食べ終わって外に出てきたら、お客さんが何組か待っておられました。

やはり早めの時間に行った方がスムーズでいいですね!

≫お店の詳細

店舗情報

うどん・甘味 侘助

住所:〒479-0836 愛知県常滑市栄町3-89

電話番号:0569-34-7169

営業時間:11:00~17:00(LO. 16:40)

定休日:火曜定休(祝日の場合は営業,翌日お休み) 年末年始 月に1度臨時休業日あり

駐車場:あり(近くの暮布土屋通り駐車場を利用する)または、「やきもの散歩道駐車場」を利用

会計:現金のみ

外部リンク:侘助Instagram(@wabisuke_tknm)

アクセス

電車名鉄「名古屋」駅→名鉄「常滑」駅下車→徒歩約5分
知多半島道路→セントレアライン(知多横断道路)「常滑IC」で降りる→約5分

マップは、「やきもの散歩道駐車場」を示しています↓

≫「暮布土屋(くらふとや)通り」のその他のお店

  • 『パン工房 風舎』手作りパン 11:00~17:00 火曜定休
    Instagram @fusha_tokoname)
  • 『studio35』 生活雑貨のコンセプトショップ 11:00~18:00 火曜定休
  • 『Bistrot Cafe Fu』( ビストロカフェ 風) 11:00~17:00 火曜定休
  • 『Petit SORLE』オシャレを楽しむプチソルレ 11:00~17:00 火曜・土曜定休
  • 『常滑牛乳 売店』

常滑市の「やきもの散歩道」に行かれた際には、是非立ち寄ってみてくださいね。

パン工房 風舎』について詳しくは、↓こちらでご覧いただけます。

※常滑「やきもの散歩道」のリポートは、こちら↓でご覧ください。

小手毬
小手毬

【外部リンクついてのご案内】

当サイトの外部リンクには、一部アフィリエイトリンクが含まれています。リンクを経由して読者様がサービス利用や商品購入された場合に、当サイトに紹介料が入る仕組みです。読者様の金銭的負担はありません。紹介料はサイトの運営費に使用いたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

広告

小手毬
小手毬

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました