とれたて卵のふわふわオムライス『たまご農家のキッチン レシピヲ』常滑市 愛知

「レシピヲ」アイキャッチ画像 趣味・おでかけ

広告

小手毬
小手毬

こんにちは、小手毬です。

今回は、愛知県知多半島の真ん中辺に位置する常滑市の「ココテラスの丘」にある『たまご農家のキッチン レシピヲ』をご紹介します。

農家直送の新鮮な卵を使った料理の数々で、何度もテレビで紹介された人気店です。

※価格は、すべて税込表記です。

※ Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
お出掛けの際は、公式サイト等にて最新の情報をご確認ください。

スポンサーリンク

≫「ココテラスの丘」にあるレストラン『たまご農家のキッチン レシピヲ』

愛知県知多半島の常滑市にある「ココテラスの丘」は、『たまごで人をしあわせに』をコンセプトに、たまご農家『たまごの里 デイリーファーム』が直営する、たまごを通じた食体験ができる施設です。

同じ敷地内に、『とれたてたまごの店 ココテラス』と、『たまご農家のキッチン レシピヲ』、『たまご農家のベーカリー にわのパン』の3店舗があります。
「ココテラスの丘」のななめ向かいには、黄色い屋根が特徴的な「たまごの自動販売所」もあります。

少し小高い丘に、木々に囲まれたちょっとおしゃれなお店が突如現れる、そんな感じですね。
この時点でもうなんだかワクワクします^^

🍀「ココテラスの丘」についての記事は、こちら(↓)をご覧ください^^

今回は、そんな「ココテラスの丘」の中の卵料理のレストラン『たまご農家のレシピヲ』を取り上げます。

≫駐車場とお店の外観(2024.1.16(火)訪問リポート)

「ココテラスの丘」には、駐車場が3か所あります。
第1駐車場は、『とれたてたまごの店 ココテラス』(↓)のすぐ前にあります。

「ココテラス」と駐車場
「ココテラス」と駐車場

この日、ここに着いたのが11時頃でしたが、運良く1台分空いていました。

駐車場内は一方通行になっています。

第1が空いて無ければ、そのままくるっと回って駐車場を出て、左手にある第2駐車場に行くといいでしょう。

10時開店で平日ということもありもう少し空いているかと思っていましたが、20台分ほどある駐車場がもう一杯とは、さすが人気店ですね!


お店の道しるべ
お店の道しるべ

←要所要所に各店舗の位置関係をお知らせしてくれる可愛い道しるべがあります。

目指す『レシピヲ』は、右奥ですね。

「レシピヲ」外観
「レシピヲ」外観

←お店の外観は、こんな感じ。

白い壁と水色の屋根が爽やかな平屋建てですね。

レンガ造りの大きな煙突?が目印です。

「レシピヲ」外のイス
「レシピヲ」外のイス

店の外にも待つのためのイスが置いてありました。

白壁に「レシピヲ」の拘りのコンセプトが書かれていたり、レトロなランプとメニューが額縁に入って飾られていたりと、ワクワクするアプローチです。

「レシピヲ」外壁の説明文
「レシピヲ」外壁の説明文
「レシピヲ」外壁のランプとメニュー表
「レシピヲ」外壁のランプとメニュー表
「レシピヲ」テラス席
「レシピヲ」テラス席

←アプローチを抜けた向こう側には、テラス席がありました。

春になったら、ここに座っていただきたいですね。

庭の植栽も素敵です。

さあ、中に入りましょう。

≫店内の様子

「レシピヲ」店内の様子
「レシピヲ」店内の様子

入口入ってすぐに、ウエルカムドリンクコーナーと小物・グッズ売り場、その右横に、「Epark」の予約システムの機械がありました。

人数と席(テーブル席、カウンター席)を選んで、整理券をもらう仕組みです。

私達(娘と同行)は、”2名・テーブル席”を希望して整理券をゲット。

「レシピヲ」グッズ売り場のコーナー
「レシピヲ」グッズ売り場のコーナー
「レシピヲ」グッズ売り場のコーナー
「レシピヲ」グッズ売り場のコーナー
「本日のサラダ」の説明の黒板
「本日のサラダ」の説明の黒板

←「本日の農家サラダ」の詳細が、黒板に書いてありました。
地元産の野菜に拘っているそうです。

イラストも可愛い^^

期待が高まります。

待合いのイス
待合いのイス

←「Epark」の機械の右横には、待合いのイスがあります。

その横に、農家直送の卵やしょうゆ、白だしなどの調味料の販売コーナー。

この時間(11時頃)は、並んでいる人はいませんでした。

「デイリーファーム」直送卵と調味料などの売り場コーナー
「デイリーファーム」直送卵と調味料などの売り場コーナー
「デイリーファーム」直送卵と調味料などの売り場コーナー
「デイリーファーム」直送卵と調味料などの売り場コーナー

この日は、整理券をゲットしてすぐに呼ばれたのでラッキーでしたね。
空いていたのは、一番奥のテーブル席1つとカウンター席のみでしたよ。

その後、あっという間に席は埋まったようで、公式サイトで現在の待っている人数が見れるのですけど、11時半で13人待ってました!

一番奥のテーブルとベンチソファー
一番奥のテーブルとベンチソファー

通してもらったのは、一番奥の角のテーブル席でした。

窓際の席は、一面ベンチソファになっており、手前にイスが2脚。

かなり大きめのテーブルでした。

窓の外の景色がまた良くて、遠くに常滑の海(伊勢湾)が見えましたよ!

大きな窓とテーブルと荷物入れのカゴ
大きな窓とテーブルと荷物入れのカゴ

←食べている間にお隣の席が空いたので、そちらもパチリ!

大きな窓から明るい光が入り、外の木々が揺れる様子が見れて気持ちがいいです。

≫メニュー表

QRコードからの注文の仕方
QRコードからの注文の仕方

←注文は、お店のスタッフさんを呼んでもいいし、スマホでQRコードを読み込んでもできるとのこと。

私達もやってみましたが、画面の指示に従っていくと簡単に出来ましたよ。
スタッフを呼び止める必要もなく、ゆっくり選べるのでいいですね。

※注文は、1人1オーダー制なので、追加のオーダーがないように注意してください。
食後のデザートもまとめてオーダーします。

メニュー表は、こんな分厚い感じの、めくるタイプのものです(↓)
全部載せると多いので、ここでは冬限定のメニューや数量限定のメニューを載せていきますね。
詳しくは、公式サイトのメニューのページ 等にてご確認ください。

イラストと説明文入りのメニュー表
イラストと説明文入りのメニュー表
イラストと説明文入りのメニュー表
イラストと説明文入りのメニュー表
イラストと説明文入りのメニュー表

←「農家のエッグベネディクト(1,300円)」は、11:10頃の時点でもう完売していました。

他の数量限定のメニューは、まだありました。

イラストと説明文入りのメニュー表
イラストと説明文入りのメニュー表
イラストと説明文入りのメニュー表
イラストと説明文入りのメニュー表
イラストと説明文入りのメニュー表
イラストと説明文入りのメニュー表
イラストと説明文入りのメニュー表
イラストと説明文入りのメニュー表
スペシャルドリンク「エッグノック」のメニュー表

料理の一つ一つに丁寧な説明書きがあり、こだわりを感じます。

一口に卵料理といってもこんなにたくさん種類があるのですね!

≫注文したのは

どれも美味しそうで迷いましたが、
私は、「農家の贅沢プレート(1,430円)」と、食後に「クラシックプリン(980円)」とドリンクセットで「紅茶(290円)」を、
娘は、「レシピヲのたまごかけご飯御膳(1,100円)」と、食後に「プレミアムショコラフレンチトースト(1,650円)」とドリンクセットで「自家製アプリコアップルティー(490円)」を注文しました。

テーブルに置かれたローズマリーの小瓶
テーブルに置かれたローズマリーの小瓶
フォーク、ナイフ、スプーン、お箸とカトラリー入れ
カトラリー入れ

テーブルに置かれた小瓶のローズマリーやカトラリー入れも素敵です。

レシピヲのたまごかけご飯御膳
「レシピヲのたまごかけご飯御膳」

←「レシピヲのたまごかけご飯御膳」です。

『デイリーファーム』の新鮮なたまごとご飯はおかわり自由。

カウンター横にご飯ジャーと色々な種類のしょうゆが置いてあり、自分でご飯をよそいに行くスタイルです。

「たまご農家のいつもの食べ方」表
「たまご農家のいつもの食べ方」表

←娘は、この「たまご農家のいつもの食べ方」を参考にして実践していましたよ^^

ツヤツヤ卵とご飯
ツヤツヤ卵とご飯

←見てください!この卵のツヤツヤ美味しそうなこと!

こんもり盛り上がっていました。

ご飯も粒が立っていてたいへん美味しかったそうで、小食の娘もおかわりしに行ってました^^

農家の贅沢プレート
「農家の贅沢プレート」

←こちらが数量限定の「農家の贅沢プレート」です。

大人気のオムライスの小サイズと「農家サラダ」が乗っています。
季節のスープ付きです。

「農家の贅沢プレート」の小オムライス
「農家の贅沢プレート」の小オムライス

オムライスのソースが、”デミソース”、”トマト農家のケチャップ”、または”あいがけ”から選べます。
私は、”トマト農家のケチャップ”を選びました。

小サイズのオムライスですが、『デイリーファーム』の卵を2個使っているそうですよ。
贅沢ですね!
(大人気の普通サイズの「ふわふわたまごのオムライス(1,250円)」の方は、自慢の米たまごを4個使っているそうです!)

ふわふわで濃厚な卵がとても美味しかったです。

サラダは、どの野菜もシャキシャキで新鮮!
ドレッシングはかかっているけれども、お好みでマヨネーズをつけて食べてということで、このマヨネーズがまた美味しかったです。

さあ、デザートです。

娘の方は、季節限定の「プレミアムショコラフレンチトースト」とこれまた季節限定の「自家製アプリコアップルティー」(↓)

「プレミアムショコラフレンチトースト」
「プレミアムショコラフレンチトースト」
「自家製アプリコアップルティー」
「自家製アプリコアップルティー」

こちらのフレンチトーストは、『デイリーファーム』のとれたてたまごと地元の常滑牛乳にたっぷり浸して作るそうで、それはふわふわプルプルでした。
濃厚なショコラソースとの相性もピッタリ!
とても美味しかったです。

特別頼んでいなかったのですが、取り分けの小皿とフォークも1本余分に添えてあり、私も少しシェアしていただきました。

また、作るのに20分ほどかかるということで、メインの食事をいただいている時にスタッフさんが、今から作り始めて良いか聞きに来てくれました。

小手毬
小手毬

心遣いが嬉しいですね!^^

「自家製アプリコアップルティー」は、優しい香りがとても良くておいしかったそうです。

「クラシックプリンパフェ」と「紅茶」
「クラシックプリンパフェ」と「紅茶」

←私の方は、数量限定の「クラシックプリンパフェ」と「紅茶」です。

”固めのプリン”というところに惹かれました。

たまごがしっかりと感じられるシンプルで美味しいプリンでした。

上にのってるいちごがまたみずみずしくて美味しい!

プリンの下にも砕いたいちごがマスカルポーネと共に入っていて、とても美味しかったです。

冬はいちごですが、季節によりフルーツは変わるようですね。

小手毬
小手毬

こちらにもスプーンが2本添えられていますね!

とても気持ちの良い接客で、いい時間を過ごせました。
お腹もいっぱいになり、大満足でした^^

≫お店の詳細

店舗情報

たまご農家のキッチン レシピヲ

住所:〒479-0806 愛知県常滑市大谷芦狭間250

電話番号:0569-37-0099

営業時間:10:00~17:00

定休日:木曜、第1・第3水曜

席数:40席

駐車場:あり

支払い方法:クレジット、QRコード決済(PayPay)可 

公式サイト:https://www.coco-terrace.com/recipio/
      ココテラスのオンラインストア でココテラスの商品のお取り寄せもできます

公式アカウント:Instagram たまご農家のキッチン レシピヲ🍳(@recipio05)
        Facebook レシピヲ 

*定休日・営業時間等は変更となる場合がございますので、ご来店前に公式サイト等にてご確認ください。

広告

アクセス

電車名鉄「常滑」駅下車⇒コミュニティバス(常滑南部・上野間線)「北大谷」下車⇒徒歩約6分。
知多半島道路⇒南知多道路⇒「武豊IC」で降りる⇒目的地まで2.6㎞、約4分。

≫おわりに

いかがでしたでしょうか?

本記事がお出かけのご参考になれば嬉しいです。

🍀「ココテラス」について詳しくは、こちら(↓)の記事をご覧ください。

🍀常滑の美味しいお店のご紹介の記事は他にもあります。是非こちらも(↓)ご覧ください^^

小手毬
小手毬

【外部リンクついてのご案内】

当サイトの外部リンクには、一部アフィリエイトリンクが含まれています。リンクを経由して読者様がサービス利用や商品購入された場合に、当サイトに紹介料が入る仕組みです。読者様の金銭的負担はありません。紹介料はサイトの運営費として使用いたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

広告

広告

広告

小手毬
小手毬

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました